HTML初心者の人はコーディング代行を頼むと良い

ホームページ制作初心者の人が最初に悩むのは、どこでどのHTMLタグを使ってコーディングをしていけば良いのだろうかということだと思います。

大まかにHTMLは文章の構造をわかりやすくするように書いていくと良いと思います。
たとえばよく論文の文章構造が題材に出されますが、それと同じようにここに大見出し、ここに小見出し、というように要素に対してタグを指定していくんです。
CSSを適用していない状態で綺麗に文章として成立していたら綺麗なHTMLということが言えると思います。
難しいかもしれませんが、それをまずは目指しましょう。

navタグやheaderタグなどこういったタグに関しては使いどころをしっかりと暗記してしまえば良いだけです。
それでHTMLコーディングができましたら次はCSSを書いていき適用します。

CSSは装飾部分を担当していると考えてかまいません。
HTMLで文章構造を書き、そしてCSSで装飾です。こういったことがわからないままコーディングの仕事を引き受けてしまった場合は、手助けをしてもらうという意味でコーディング代行にお願いするのも良いかもしれません。
コーディング代行業者であればプロですから先ほど書いたような感じできちんとコーディングしてくれます。